スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えにしのデック

enishi.jpg

 先日、演出家でプロマジシャンの花田圭介さん、京都のプロマジシャンで奇術専門誌『掌PALM』誌の編集長Yuji村上さん、スクリプト・マヌーヴァ社の滝沢敦さん、私の恩人の一人クニさんが我が家に集まって、呑みながら与太話をしている様子をUstreamダダ洩れ配信するという試み(ある意味、暴挙!)をしてしまいました。
 突然始まり、しかも深夜にも関わらず、最高で24名の方にご覧いただきまして誠にありがとうございました。



atpastel.jpgアラフォー男子二人がPastelのなめらかプリンを食べるの図。対面がYuji村上さん。


 この翌日、Yuji村上さんが「あ、出来たよ~」と新作の『えにしのデック』を見せて頂けました。これが、本当に素敵な作品なのです!!

 現象はこんな感じです。

 カップル、またはご夫婦の観客にお手伝い頂きます。最初にそれぞれの観客に1枚ずつ予言の封筒を手渡します。一組のデックを取り出し、それを配っていく最中に、二人の観客に自由にストップをかけた頂いた所のカードが予言の封筒の中に入ってたカードと一致しています。しかし、本当に一致しているのはそれだけではありません…あっと驚くクライマックスが待ち構えています!




 このマジック、「Gemini Twins」という名前で有名になったマジックの改案です。ハーブ・ランジーさんの原案「Hidden Mystery」をセオドア・アネマンが奇術専門誌『JINX』の83号(1940年)に初めて発表しましたが、この時はあまり有名になりませんでした。しかし、後にカール・ファルブス氏が小冊子『Impromptu Opener』(1979年)に「Stop Twice」という名前で発表し、さらにその後『More Self-working Card Tricks』(Dover刊、1984年)にこの名前で発表して有名になったようです。ロン・ウォールやエド・マルロー、アラン・アッカーマン、サイモン・アロンソン、ジャック・カーペンター、ジョン・バノンといった各氏も素晴らしい改案を発表されています。

 その中でも、スウェーデンの怪人レナート・グリーンさんの「Stolen Card」という作品があります。発表されたのは20年ほど前になりますが、最近単品で発売されたのでご存じの方も多いと思います。演技はレナート・グリーンさんの名作DVD『Lennart Green Master File』などで観る事ができます。
 グリーンさんの演出は、多分この種の作品で一番良いと思いました。しかし、村上さんのこの新作も勝るとも劣らない傑作です。



 そのクライマックスを書いてしまうと面白さが無くなってしまうため、ここでは書く事ができません。しかし、カップルやご夫婦に演じたら絶対に喜ばれます。村上さんのプロの仕事で使っていらっしゃるだけあって、素敵な演出になっています。ここぞという時に確実にその威力を発揮します。しかも、簡単ときています。ここまで素敵な予言のマジックもそうそうありません。 
 解説も分かりやすく、必要な予言のカードも綺麗に印刷されています。これで3500円ならマストバイでしょう。(もしかすると、封筒はご自分で探した方が良いかもしれません)

 営業をされている方にも、一般の方にも、是非にとおススメ出来る一品です。



「えにしのデック」 原案 西口武志 改案Yuji村上 3500円
今のところご本人が直接販売されています。イベントなどで購入可能。
問い合わせ:〒604-8081 京都市中京区天性寺前町523 Yuji村上




追記:あと、Yuji村上さんのイベント『Half&Half』が来週に迫りましたよ!参加費2000円でゲストが谷英樹さんと橋本昌也さんなら、絶対に損はないでしょう!関西在住の方は是非。この会で「えにしのデック」も購入できますよ!


Yuji村上マジックイベント in 大阪 第2弾 「Half & Half vol.1」開催のお知らせ

 今年1月に開催させていただきました「Vintage in 大阪」に続き、Yuji村上イベント第2弾を開催させていただく運びとなりましたので、ご案内申し上げます。
今回は「Half & Half」と題し、京都にて3月に開催させていただきました、新作・未発表作中心のイベント「Nouveau」と、6月に開催予定であります、ノンマジシャン向けマジック中心のイベント「Aperitif」の内容から、美味しいところを盛り込んでお送り致します。
もちろん今回も、ゲストの演技やトーク等、バラエティーショーをコンセプトに、楽しいイベントにしようと準備を進めております。
 多くの方々と楽しい時間を共に過ごせるイベントを目指していきます。ぜひ皆様お誘いあわせの上、ご来場賜りますようお願い申し上げます。


日 時 2011年7月3日(日)
PM 2:00開場
PM 2:30開演
PM4:30頃終了予定

場 所 クレオ大阪中央 研修室1
※場所はここ!

なんと、ゲストは凄腕クリエイターの谷英樹さんと注目の若手、橋本昌也さんです!!

参加費 お1人様 2000円

・ご予約は不要です。直接会場へお越しください


スポンサーサイト

私ごとで恐縮ですが…

2011年8月27日(土曜日)に大阪は難波で開催されるトリックレス・セミナーで、ゲストとして参加させていただくことになりました。
トリックレス・セミナーとは、マジックの種や仕掛けを教えるのではなく、マジックを考えたり演じるにあたっての大切な事を講習するという大変野心的な試みです。

なんと、今回の講師であり、今をときめくクリエイタ―である佐藤総さんと対談をさせていただく運びとなりました。
「本当に私で良いのっ??」と甚だ疑問かつ僭越でありますが、佐藤さんの“本質”と“頭脳”にじっくりと迫ってみたいと思います。佐藤さんに伺いたい質問がある方、質問を受付中です。この機会にぜひ佐藤さんへ思いのたけをぶつけてみてください!

先日、佐藤さん、主催者の滝沢敦さんとスカイプでじっくりとお話ししたのですが、内容は凄いことになりそうです…今から楽しみです!!
お申し込みはこちらから!

第3回 トリックレス・セミナーのお知らせ
「トリックレス・セミナー」とは、その名の通りマジックの解説を一切行わない、マジックのレクチャーです。

■第3回トリックレス・セミナー
日時 :2011年8月27日(土) 14:00~16:00
場所:難波市民学習センター 第2研修室
    〒556-0017 大阪市浪速区湊町1丁目4番1号 OCATビル4階
    TEL 06-6643-7010
参加費:2,500円 (一般/学生とも)
定員:先着30名 (要予約)

■交流会 (交流会についてはこちらへ)
日時:セミナー終了後 近隣のお店にて
参加費:実費
備考:セミナーお申し込み時に、参加・不参加を選んでいただきます。ただし交流会のみの参加は不可とします。

■講師
講師名:佐藤総
講演テーマ:奇術「作品」論

■紹介:
1978年生、京都市出身。
2003年、カードマジック作品集『トランプと悪知恵』発表。新規性の高い内容に
初学者から専門家に至る幅広い層の支持を得、奇術界に鮮烈な登場を果たす。
2004年、株式会社テンヨーよりオリジナルトリック「イメージジェネレーター」
商品化。国内・海外で発売。
2007年、JCMAより「著述・放送文化賞」受賞。
2008年、著作『カードマジックデザインズ』発表。
2010年、JCMAより「ベスト・クロースアップ・マジシャン賞」受賞。

■ 佐藤総×角矢幸繁 トークセッション
「創作の可能性を巡って」
後半はマジック書籍翻訳の第一人者、角矢幸繁氏を特別ゲストに迎え佐藤氏との対談を行います。また参加者のみなさんから事前に質問をいただき、その場で内容に答えてゆくワークショップも開催予定。

お二人へのご質問をお送り下さい!
ご質問内容は下記のフォームやお電話で受け付けております。マジック脳を刺激するセミナーにぜひご参加ください!

■角矢幸繁
■紹介:
1969年生、名古屋市出身。翻訳家という名の何でも屋。
学生時代より、ニューヨーク在住のプロマジシャン・文筆家・批評家であるジェイミー・イアン・スイス氏などに師事。来日したマジシャンの通訳や海外の奇術専門書の翻訳を長く行い、また、奇術専門書にマジックに関する文章を執筆。

著書に『英語でペラペラマジック』(2006年)、『大魔法使いアラカザール:マジックの秘密』(2002年)、『ジェイミー・イアン・スイスのクロースアップ・マジック』(2008年)、『ロン・ウィルソン プロフェッショナルマジック』(2011年、いずれも東京堂出版)などがある。

主催:株式会社リアライズ・ユア・マジック
    スクリプト・マヌーヴァ
TEL : 0725-90-7660 (平日9:00~18:00)




そして、私の次の翻訳本が決定しました…なんと、まさかのジェイ・サンキー!

名著『Sankey Pankey』と『100%Sankey』の完訳、それに加えて奇術専門誌“Richard’s Almanac”と“Genii”両誌から選りすぐりのサンキーさんの作品を加えた豪華版! 
今のサンキーさんの商品から作品を想像することなかれ(最近は量産しすぎで、面白さが薄らいでいるのは否めませんからね)。1980年代半ば、何故サンキーさんが世界中に一大センセーションを巻き起こしたか、読めば分かります!お楽しみに!!

Magical Branding-セルフブランド活用法-(前田知洋さんのメールマガジン)

“This is a book about 'magic!' No, not tricks. This book is REALLY ABOUT MAGIC!”
- ある奇術書の紹介文より


maedasan_1.jpg

 私のブログをお読みの方で、前田知洋さんのお名前をご存じない方はいらっしゃらないと思います。

 日本を代表するクロースアップ・マジシャンのトップ・ランナーであり、その研ぎ澄まされた感覚で様々な分野にチャレンジされていらっしゃいます。
最近ではウェブジン「h3m.jp」の発行人でもいらっしゃいます。ご覧になったことが無い方は、是非にとおススメします。
「アートの距離」という連載記事中の映像の凄さは必見です。すべて前田さんによる撮影・編集だってご存知でしたか? 前職でモノづくりに関連した部門におりましたので、こうした一流の職人さんたちの仕事を間近で拝見する機会は稀で、その様子をこれまた一流のアーティストがその制作の時間を切り取るという試みは私の知る限り無かった事ではないかと思います。



 前田さんが演じられるマジックの素晴らしさに関しては、私などが言うまでもなく、今までに多くの研究家の方々が言及されていらっしゃいます。技術は勿論のこと、その知的で洒落た質の高い雰囲気、柔らかい物腰と悪戯っ子のようなユーモア。実際に前田さんにお逢いした方は、間違いなく前田さんの虜になること請け合いです。

 最近では前田さん、Twitterを始められ、ファンの皆さんやご友人と素敵な会話を楽しまれています(土曜日の夕方、TFMの系列で放送されている「AVANTI」で、東京一の日常会話を盗み聞きしているような感じでしょうか?)。
奇術愛好家の皆さんとも気さくに話され、さらに、前田さんを慕う若いマジシャンの方に惜しみなく貴重なアドヴァイスをされたりと、前田さんは一体いつお休みになっているのか??と思ってしまうほどです。
私たち夫婦も、ひょんなことから前田さんとお近づきになって、お逢いするたびに素敵な時間を過ごさせて頂いています。

 その前田さんが、また新しい分野にチャレンジされようとしています-メールマガジンの発行です。この内容の素晴らしさが尋常ではないのです!



 前田さんが過去25年に渡って出演されてきたテレビやショウからの経験、多方面にわたる一流のご友人たちから学んだ事、前田さん曰く「大きな芸能事務所に所属しているわけでもないのにプライムタイム(一番いい時間帯)の100以上のテレビ番組に出演した秘密」を惜しげもなく披露されていくのです。

 まずは、このサンプルをお読みください。これだけでもワクワクしてしまいます。



 今までに前田さんは数冊の「ビジネス書」を著していらっしゃいます。中でも『知的な距離感』(かんき出版刊、2007年)と『人を動かす秘密の言葉』(日本実業出版社刊、2007年)は、マジシャンも必読の内容だと思っています。マジシャンとして仕事をするならば、マジックの内容も勿論大切なのですが、それ以上に一番大切な「ソシアル・スキル」をきっちりとこれらの本の中で教えられているからです。何故、前田さんは多くの著名人の方々と交流を持てるのか、何故一流の場所に呼ばれて仕事が出来るのか、そのヒントが隠されています。
 そのすべての知恵(知識ではないことに注意!!)は、「一流の現場」で25年にわたって培った経験に裏打ちされています。その事実だけで、背筋がピンと伸びてしまいました。



 今回のメールマガジンの内容は、それをさらに深くされ、他者との「差別化」についてお話を展開されていきます。1995年、京都で開催された前田さんのレクチャーに私は参加させて頂きました。実はその時、この「差別化」についてチラリとお話しされました。マジックのレクチャーでは初めて伺った話でしたので、凄く印象に残りました。
 レクチャーの後でその話について質問をさせて頂くと、前田さんからとあるアドヴァイスを頂く事ができたのです。そして、そのアドヴァイスをヒントにさせて頂いて、今の私の一部があります。これ、ホント。



  前田さんの演じられるマジックの多くは、クラシックなマジックです。そのために「自分も前田さんと同じ事が出来るんだから、自分も売れるはずだ、凄いマジシャンのはずだ」と勘違いして仰る愛好家の方にも何度もお逢いしました。前田さんとこうした愛好家の方々は全く違います。では、何がその差を生みだしていくのでしょう?
 それは、このメールマガジンを読み進めていくと、きっとヒントを得る事ができると思います。勿論、ビジネスのメールマガジンですから、実際の仕事にも役立つ話が満載です。「差別化」こそが、他の競合から一歩先に出る戦略になるのですから。



購読料が月々630円ならば、年間7560円になりますよね? それなら一回試してお蔵入りになるマジックの道具や一回見たらそれでおしまいのDVDを買うより、よほど自分のための投資になると思います。

このメールマガジン、是非とも若い世代のマジシャン、特にプロ志望、またはプロとして活躍されているマジシャンにおススメしたいと思います。マジックの種よりももっと大切な「秘密」を、一流の現場で活躍する第一線のプロから学ぶ事が出来るのですから! 購読して、精読して、それについてじっくりと考える事ができたなら、きっと今以上に素敵なマジシャンになることができるでしょう。

私も今以上に素敵になるために、前田さんのメールマガジンをじっくり精読させて頂きたいと思います。



「Magical Branding-セルフブランド活用法-」 前田知洋著
有料メルマガ配信サービス ビジスパ刊。
月額 630円(毎週木曜日発行) 2011年7月1日より開始。

ちょっとお知らせ

garciabook.jpg

 前のエントリーで、京都在住のプロマジシャンであり、盟友であるYuji村上さんとお逢いしたお話しを書きました。

 最近、村上さんは大変面白そうな会を3の倍数月(3月、6月、9月、12月)の第2日曜日に京都で開催されています。会の名前を、村上さんの新作中心の「Nouveau」、同じく旧作中心の「Vintage」、一般客に受けるマジックを中心にした「Aperitif」と名付け、それぞれのテーマにあった内容をお届けされています(村上さんが大好きなお酒の呼び方を持ってくるなんて、洒落てるなぁ…)。

 村上さんの素敵なマジックは、奇術専門誌『掌PALM』などに埋もれていたりして大変もったいない、と常々思っていました。それが再び日の目を見る事になったのです!
昔からの愛好家の方には懐かしく、新しい愛好家の方には斬新で、実戦派の方には使えてためになる作品を必ず手にして、ニコニコ笑顔で帰路に就かれることになるでしょう。
 最新回は6月12日に京都で「Aperitif」の会、7月3日は大阪で「Half & Half」の会を行われるそうです(「Nouveau」と「Aperitif」のいいとこどりをするなんて、贅沢です!!)。

関西地方の在住の方は、絶対に参加されて損がない会だと思います(だって、参加費はたったの2000円ですからね!!)。私も都合がついたら絶対に参加したいなぁ、と思っています。

Yuji村上マジックイベント第3弾 「Aperitif(アペリティフ)」開催のお知らせ

終了しました!凄く面白かったようですよ。なんと、ゲストはマジックバー「マジックテーブル」の喜多充さん、大阪のバーマジシャン ZEROさん、京都のマジック&ジャグリングパフォーマー HAMARさんがゲストだったそうです!!



Yuji村上マジックイベント in 大阪 第2弾 「Half & Half vol.1」開催のお知らせ

 今年1月に開催させていただきました「Vintage in 大阪」に続き、Yuji村上イベント第2弾を開催させていただく運びとなりましたので、ご案内申し上げます。
今回は「Half & Half」と題し、京都にて3月に開催させていただきました、新作・未発表作中心のイベント「Nouveau」と、6月に開催予定であります、ノンマジシャン向けマジック中心のイベント「Aperitif」の内容から、美味しいところを盛り込んでお送り致します。
もちろん今回も、ゲストの演技やトーク等、バラエティーショーをコンセプトに、楽しいイベントにしようと準備を進めております。
 多くの方々と楽しい時間を共に過ごせるイベントを目指していきます。ぜひ皆様お誘いあわせの上、ご来場賜りますようお願い申し上げます。


日 時 2011年7月3日(日)
PM 2:00開場
PM 2:30開演
PM4:30頃終了予定

場 所 クレオ大阪中央 研修室1
※場所はここ!

なんと、ゲストは凄腕クリエイターの谷英樹さんと注目の若手、橋本昌也さんです!!

参加費 お1人様 2000円

・ご予約は不要です。直接会場へお越しください


 関東の方は…6月11日はプリマべーラ月一ライブ、6月12日は東京の凄腕プロマジシャン、カズ・カタヤマさんが主催される毎年恒例の「SF Magic Festival」に参加されると吉でしょう…氷室京介さんの東京ドームライブっていう手もありますが!!



 カズ・カタヤマさんと言えば、先日電話でお話しさせていただきました。最近はギリシャやイタリアを巡るクルーズ船でマジックをされていたそうで、その素敵な風景はカタヤマさんのブログに掲載されています。
そのカタヤマさんの最新著作『カズ・カタヤマのシルクマジック(仮)』が8月に東京堂出版さんより発売されます。これが凄い。

 ベースとなっているのは、カタヤマさんが奇術専門誌『ザ・マジック』に連載されていた名連載「カズ・カタヤマのシルクマジック」なのですが、なんとそれに200頁の書き下ろし原稿が加わっています(実は、この時点で狂気の沙汰である件について)。
 もちろん、カタヤマさんの作品も素晴らしいのですが、ステージでの演技構成の方法がかなり詳しく解説されています。特に、大学でステージをされる方は必読だと思います。一流のプロの意見を伺う時は、自然と背筋が伸びますが、まさにそんな感覚でした。

 さらに!シルクマジックを演じられている4名の一流日本人マジシャンの方々の手順構成を、その方々にインタビューをしながら細かく分析されています。これは今まで日本ではほぼなかったことです。特に、ある超有名なマジシャンの方が演じられるフルアクト(今ではその演技を拝見できる機会はほとんどありません)が含まれています。私は生で1回、テレビで数回拝見しましたが、本当に痺れました。これを知ることができるだけでも、この本の値段以上の価値があります。

 ステージやシルクマジックが大好きな愛好家の皆さんは、刮目して相待つべしですよ!



<追記>お、明日(6月10日)、NHK総合テレビのお昼の番組「金曜バラエティー」にナポレオンズさんとDr.Leonさんが登場されますね! 終了しました。面白かったですよ!!



<6月12日追記>Yuji村上さんの9月のイベント、9月11日で決定だそう。「full-bodied」と題し、マニアックなものもいとわない濃密なマジック中心のイベントになるそうです。ゲストもArsさんと橋本さんなら、これは行くしかない!!
プロフィール

yuki_the_bookworm  (a.k.a "べたねば")

Author:yuki_the_bookworm (a.k.a "べたねば")
何げない日常の中の、本と料理とマジック。

カテゴリ
最新記事
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
メールフォーム
※本ブログへのご意見・ご感想のみお送りください。マジックに関する個人的なご質問・ご依頼等には一切回答出来ませんのでご了承ください。 また、戴いたすべてのメールに回答出来ませんが、確実に筆者の手に届いております。(管理人)

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。