FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日常の謎 - 『マツリカ・マジョルカ』 相沢沙呼著 (Part 1)

sakomokobooks.jpg

 マジックをこよなく愛する若き推理小説家、相沢沙呼さんの新刊『マツリカ・マジョルカ』を読了しました。前作から3カ月という短いスパンでの発売でしたので、大変楽しみにしていました。

 相沢さんは女子高生マジシャン、酉乃初とヘタレな男子高校生、須川くんが大活躍する学園ミステリー『午前零時のサンドリヨン』 『ロートケプシェン、こっちにおいで』(共に東京創元社刊)の作者としてご存知の方も多いと思います。

 もうとっくの昔に青春時代なんて甘酸っぱい時代を通り過ぎてしまって、汚れちまったアラフォー世代としては、相沢さんの作品から青春の輝きを吸収させて頂いているのであります。あと、太もも成分も!

(以前『午前零時のサンドリヨン』については、このエントリーでちょっぴり書かせて頂きました)



 読了直後にTwitterでこんなことを呟きました。

そうそう。さこもこ先生の新刊「マツリカ・マジョルカ」昨日読了。凄く面白かった!最後にコロリと騙され、泣けた。青春の光と影に痺れます。オススメです。


 冴えない高校一年生、柴山祐希は、ある日廃墟に住む謎の女子高生マツリカさんと出会う事で生活が一変してしまいます。女王様のように命令を繰り返すマツリカさん、方や僕(しもべ)のように扱われる柴山くん。理不尽なモヤモヤとマツリカさんの魅力的な身体についつい惹かれてしまうモヤモヤを胸に抱えながら、学園で起こる「日常の中に突如現れた不思議な出来事」を解決していきます。

 推理小説なので、どこまで書いて良いのか迷うのですが、確実に言える事は読了感が半端無く良かったです。前作の『ロートケプシェン、こっちにおいで』の読了感も良かったのですが、もしかしたら本書の方がグッときたかもしれません。そして、最後のオチにはすっかりやられてしまいました。思わず涙が出ました。

 そのオチも面白いのですが、私は柴山くんの心理描写が凄く素敵だと思ったのです。彼はマツリカさんに出会う事でちょっとずつ成長していくのですね。その過程、そしてそこから見える青春の光と翳が非常に鮮烈かつ素敵です。相沢さん一流の繊細な心理描写、本当に大好きです。もしかしたら、Twitterでたまにお見せになられる相沢さんの感受性の高さが関係しているのかもしれません。

 文章もライトタッチですいすい読み進める事が出来ますし、ちょっとクスリと笑わせる部分も多く、推理小説独特の堅苦しさもありません。あと、相沢さんの推理小説で好きな部分の一つは「誰も死なない」所でもあります。安心して読めるんですよね。

 酉乃初と須川くんのシリーズはマジック好きとして次回作が気になりますが、この『マツリカ・マジョルカ』も次回作が非常に気になります。ファンとして楽しみに待っていようと思います。
 


『マツリカ・マジョルカ』(相沢沙呼著、角川書店刊、2012年)定価1500円+税
全国の書店、インターネット書店などで発売中。
 



 日常の謎と言えば…日常の謎という話がTwitterのタイムラインに乗っていた時に、私が以前伺った「日常の謎」の話があったなぁ、とちょっとさわりだけを呟いたら思いがけず反応があったので、このエントリーに書いてみようと思います。

 これは、著名なニューヨーク在住のコイン・マジックの名手、デビッド・ロスさんから伺った話です。



 とある夜、ロスさんは友人たちとライブハウスに出掛けました。舞台の近くの席に案内されたロスさんが席から舞台を見上げると、丁度モダンジャズのカルテットが演奏をしていてました。
 屈強なピアニストにふと目が止まり、彼のパワフルな指の動きを見てたらある事に気が付きました。

 何と言う事でしょう、そのピアニストさん、手の中に1ドル硬貨を隠し持ったまま演奏していたのです!
当時の1ドル硬貨は今のサカガウィア・ダラーのように小さいものではなく、直径が約4センチの大きな銀貨です。

 ご存知のように、コイン・マジックが上達するための練習の1つとして、コインを手の中に密かに隠し持ちながら日常生活を送るというものがあります。普通コインを手の中に隠し持ちますと、手の形や動きが大変ぎこちなくなります。そこで、コインを隠し持ったまま日常生活を送ることで、手の形や動きを滑らかにしていくのです。

 デビッド・ロスさんもコイン・マジックを練習し始めた頃は一日中コインを手に隠し持って生活をして、教会で神様に「プロマジシャンにならせてください」とお祈りした時も両手にコインを隠し持っていたそうです。

 この練習、実はそんなに簡単な事ではありません。しかも、その上、屈強なピアノマンは素晴らしい演奏をしているではありませんか! ロスさんはそのピアニストに非常に興味を持ちました。

 演奏が終わってこのジャズカルテットが楽屋へ引き上げたのを見計らって、ロスさんはこの屈強なピアノマンのそばへ近寄りました。
 こんな場所でいきなり「あなたもマジシャンですか?」とは訊ける訳ありません。ちょっと考えながら、ピアニストに声をかけました。

「こんばんは、素敵な演奏でしたね!」
「やあ、ありがとう!」
「あなた、非常に良い趣味をしていますね!」
「ピアノのことかい?」
「えっと、そうじゃなくて。つまり…非常に良い趣味をしていらっしゃいますよね??」
「え?何の事かい??」
「だから、良い趣味をされていますよね??」
「何の事かまったく分からないよ…」
「うーん、何て言えば良いんだろう…」

 どうやら、この屈強なピアノマン、マジシャンでは無いようです。では、どうしてこのピアノマンは手の中に1ドル銀貨を隠し持ってピアノを弾いていたのでしょうね…???

(→Part 2に続く) 
プロフィール

yuki_the_bookworm  (a.k.a "べたねば")

Author:yuki_the_bookworm (a.k.a "べたねば")
何げない日常の中の、本と料理とマジック。

カテゴリ
最新記事
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
メールフォーム
※本ブログへのご意見・ご感想のみお送りください。マジックに関する個人的なご質問・ご依頼等には一切回答出来ませんのでご了承ください。 また、戴いたすべてのメールに回答出来ませんが、確実に筆者の手に届いております。(管理人)

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。