FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食欲は食べている時にやって来る。

 さあ、久しぶりに美味しかったものフォルダが火を吹きます。



 もう6月なのですが、朝夕がちょっと肌寒かったりする季節です。温かいお茶にピッタリなお菓子も良いですね。台湾出身の若い友人Charlesくんにお願いして送って頂きました。台湾のパイナップルケーキ(鳳梨酥)です。

pinapplecake_1.jpg

 これは台湾の老舗、台北犁記餅店のものです。いろいろなお店の製品があるのですが、ここのパイナップルケーキが一番私たち好みです。

面白いのは、ケーキ1つ1つは…
pinapplecake_3.jpg
こうして包装されているのですが、開けたらビックリ。

pinapplecake_2.jpg
なんとそのまま!

台湾らしい大らかさだと思います(笑)

 外側のサクサク感と中のパイナップルの餡が絶妙です。時間が経って、外側の皮がしっとりしても美味しいのですよね。
 台湾と言えば「すごい梅」の話があります。なにがどう「凄い」のかは、またの機会に。



 味噌カツについてあれこれ。

 この地方で味噌カツと言えば、矢場とんさんが一番有名でしょう。しかし、ここではちょっと変わった味噌カツを2店ご紹介。

 毎年春、私たちはある神社へお花見に出掛けます。この街の官庁街の程近く、けっこう穴場のお花見スポットです。夕方には仕事帰りのお役人さまご一同が宴会をされている光景をそこここで見かけます。
 ここに毎年出店する、屋台の串カツ屋さんへ。屋台の串カツ屋さんはお祭りなどで結構見かけますが、ここのお店の串カツはかなりレベルが高いのです。義父のJimさん曰く「この街中の屋台で、一番美味しい!」とのこと。

 いつものおじちゃんが体調を崩されたようで、仲間の方々がその代打で出店されていました。味が変わったのでは?と心配しましたが、まったく心配無用。ゲンさんという揚げ担当のオジサンの串カツの揚げ具合が絶妙! 

kushikatsu.jpg

 衣がサクサクで、最高! これが付け合わせのキャベツによく合うんですよ。今回ゲンさんから盗んだ技の1つが、衣の中にカラシ粉を混ぜる技でした。これ、家でカツを揚げるときに使ったら、ビールに良く合うカツになってビックリ!

dote.jpg
この地方独特のどて煮込み。

 赤みそ(八丁味噌)ベースなので真っ黒に見えますが、これが甘辛で最高なのです。良く煮込まれて、口の中でモツもとろとろに溶けてしまいます。まったくくどくありません。ビールですよ、ビール!
 
 そして、串カツの一番美味しい食べ方がこれ!

dip.jpg
レッツ、ディップ!
 
 揚げたての串カツをどて煮込みの鍋につけて食べる、味噌カツ! 実はこの食べ方がこの地方名物の味噌カツの元祖なのです。広小路という街のメインストリートに、昔は夜になると屋台がひしめきあっていました。冷めた串カツを、温かいどて煮込みにつけて出してくれというお客様からの要望があって、それが屋台中で大ヒットしたのが始まりなのですよ。もちろん、二度づけ禁止です!

 でも、ここで地元民からのワンポイントアドバイス! 揚げたてジュワジュワの串カツを煮込みの鍋に突っ込みますと脂で被膜ができてしまい、美味しい味噌が串カツに馴染まないのです。なので、ちょっと待って少し冷めてから煮込みの鍋に突っ込みましょう。お兄さんとの約束な!

sticks.jpg
 誰もが15本くらいはペロリと食べられます。ビールにもご飯にも最高です。あぁ、今年も美味しかった!

 そして、もう1店。今池にある『キッチンダイシン』です。
 若い友人のCharles君が私の住む街に遊びに来て、私たち夫婦とディナーを食べようということになり、名古屋名物を所望する彼と共にこのお店に。かれこれ20年近く通い続けています。この街の洋食屋さんの中でも、老舗の1店です。夜遅くまで営業されているので、本当に重宝します。
 まず、最初に出てくるのがこのお漬物。

tsukemono.jpg
これが本当に美味しい。

 自家製のお漬物(ぬか漬け)なので、ポリポリ食べてしまいます。そして、これがこのお店のスペシャリテ。


daishin_katsu_20100607161228.jpg
ドーン!

 ダイシンカツです。ここの豚カツは焼き豚カツ(つまり、油で揚げていない)なので、大変サッパリしています。お肉の間にチーズが挟んであり、上から独特の赤味噌ソースがかかっています。初めてこの味噌カツを食べたときのショックたるや。ご飯がどんどん減っていきます。あ、Charles君はご飯お代わりしましたよ!

 ここのお店は、他にも肉汁したたるハンバーグや懐かしい味のメンチカツなど、どれを取っても美味しいのが嬉しいです。値段もリーズナブルなので、ついつい通ってしまいます。

キッチンダイシン
住所:名古屋市千種区今池1-13-14
営業時間:17:00~(LO 24:00)
定休日:月曜日
電話:052-731-0220




 わが家の近所にある『つけ麺 ぎんや』に再挑戦。今回はストロングを注文。

 オペレーションは、ぎんや本店の店長さんがいらっしゃらないためか、ちょっとぎこちないかなぁ。でも、無駄のないオペレーションです。

strong.jpg
ガツンとくる魚介豚骨。これはやっぱり美味しいや。
 
そして、おじや。
ojiya.jpg

良く玉子を混ぜてあるので、非常に細かいかき玉状になって、ふわっふわの食感。本当に美味しい〆です。

 最近この地方につけ麺の専門店が雨後の筍のように出店しています…が、もう一度行こうという気になれません(それは、このラーメンがあるから!)。でも、ぎんやはもう一度行こう!という気にさせられます。道理で、毎日行列が絶えないはずですよ。今日もごちそうさまでした。そういえば、煮干しという新メニューもできたそうなので、また近いうちに行かないと。



 ラーメンときたら、東京で行った2店舗。
 「麺屋宗」中目黒店です。中目黒の駅から歩いて10分かからないくらいの場所にあります。有名な工芸家、柳宗理さんのご親族にあたる柳宗紀さんが経営するラーメン店です。わが家も柳宗理さんの食器や調理道具をいくつか持っていて、長年のファンであります。
 今回は地鶏味玉塩の全部乗せを。

menyasou.jpg
この塩ラーメン、素晴らしい出来でした。絶妙な塩ダレ具合です。

 今回ヒットは、このメンマ丼。
menmadon.jpg

 私がオーダーしたチャーシュー丼は、フライドガーリックがラーメンの邪魔になってしまったのですが、メンマ丼は凄く相性が良かったです。タレとメンマの味付けが凄い。久々に美味しい塩を戴けました。塩ラーメンと言えば、近くまで出向いたので両国にある「ら・めん 風」の「しおらぁめん」も食べたかったのですが、今回は行けずに残念でした。

 そして、お馴染高田馬場の「二代目海老そばけいすけ」で「海老つけそば」の全部乗せを。最後まで海老そばと迷いました…。
 海老が本当に凄い。スープと麺の絡み合う感じも素晴らしいですね。最後のスープ割りは、海老スープの強烈なパンチに幸せ気分になりました。
 この地方にも海老スープのお店がちらほら出来ているのですが、けいすけの味を知ると、どうしても二番煎じとしか思えないのが残念です。
 次回は本郷の「四代目けいすけ」で「つけめん渡り蟹のしずく」にチャレンジ決定!



 そして、デザート。

 東京での打ち合わせの時。ある打ち合わせが思いがけず早く終わってしまい、ちょっと時間が開きました。そこで、近くのとらや赤坂本店へ。この地下にある虎屋菓寮(とらやさろう)が目当てです。
 私は季節限定の蓬餅、Cathyは千歳鮨(赤)を。

yomogimochi.jpgchitosesushi.jpg

 ここの蓬餅、一口食べると蓬の爽やかな香りが口いっぱいに広がります。蓬ってハーブの一種だったんだ、と再認識できます。そして、この餡が絶妙に合う! 千歳鮨も爽やかな甘さです。
 また、ここの御茶は吟味されていて、御菓子の甘みにピッタリですし、またさり気ない茶器が良いのですよ。売ってたら即買います!

 お店の雰囲気も落ち着いて、気がつくとすぐに時間が経ってしまいます。接客はパーフェクトですし、大人の時間をゆっくりと楽しむことができます。ちょっと大人のデートスポットとしても抜群です。
 今の季節だと、くずきりやあんみつが美味しくなる季節ですよね…。

虎屋菓寮 赤坂本店
住所:東京都港区赤坂4-9-22(とらや本店 地下1階)
電話:03-3408-4121(代)
営業時間:平日     11:00 ~19:00 (LO18:30)
     土・日・祝日 11:00 ~17:30 (LO17:00)
年中無休


 まあ、もちろん、いつも「とらや」さんを利用できる訳でもなく、今回見つけた結構リーズナブルな和菓子屋さんが、ここ都立大学にある「御菓子司 つ久し」さんです。

tsukushi.jpg


japanesesweets.jpg
 こちらの豆大福、好きですね。他のどら焼きや鹿の子なども、お値段以上の美味しさです。昔懐かしい、ほっこりした美味しさなのです。CPはかなり高いでしょう。こんな和菓子屋さんが私の自宅の近所にあったら、普段使いで通ってしまいます。

御菓子司 つ久し
住所:東京都目黒区八雲4-5-6
電話:03-3724-1294
営業時間:8:30~18:30(テイクアウトのみ)
定休日:火曜日




 その他、つれづれに溜まった写真を一言コメントで。

berryjam.jpg

 自家製いちごジャム。時間がない中で、カッとなって作りました。反省はしていません。これを作ると春ももうすぐ終わりだなぁ、と感じます。家中に苺の甘い香りが広がるのは、幸せという以外他はありません。今回は、広口ビン4本分になりました。わたしは苺のつぶが残っているのが好みです。

tenmusu.jpg

 千寿の天むす。もともと三重県の食べ物なのですが、名古屋名物になってしまいました。ある日の打ち合わせで頂きました。やっぱりここの天むすが一番好みです。これは名古屋駅近くにある北店のものですね。海老天のしょっぱさとおむすびが絶妙です。


happyturn.jpg

 巷で噂のパウダー250%ハッピーターン。もう、これを食べてしまったら、普通のハッピーターンには戻れません。「パウダーまみれのハッピーターンが食べたい!」という子供の頃の夢が、こうして実現するとは。歳はとってみるものですね。
 しかし、これで飽き足らなくなり、そのうち、刺激を欲するままにパウダー300%、500%とエスカレートしていき、最後は魔法の粉“ハッピーパウダー”のみになると思います。そして、最後には“ハッピーパウダー”が末端価格いくらで取引される時代が来るかと!
 日本で最高の魔法の粉は、この“ハッピーパウダー”と、餃子の王将で鳥の唐揚げを注文するとついてくるスパイスのパウダーだと思う方は、是非挙手を!



 手を合わせて、ごちそうさまでした!
プロフィール

yuki_the_bookworm  (a.k.a "べたねば")

Author:yuki_the_bookworm (a.k.a "べたねば")
何げない日常の中の、本と料理とマジック。

カテゴリ
最新記事
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
メールフォーム
※本ブログへのご意見・ご感想のみお送りください。マジックに関する個人的なご質問・ご依頼等には一切回答出来ませんのでご了承ください。 また、戴いたすべてのメールに回答出来ませんが、確実に筆者の手に届いております。(管理人)

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。